\学生ローン利用おすすめ1位/


今すぐ借りるなら1位はプロミス!
借入可能か簡単3秒診断は
>>こちらをクリック<<

トップページ > 京都府

「飲み会やデートなど急な出費で今月ピンチ」
「今すぐお金が必要だけど親バレしない?」

当サイトでは、京都府で誰にも内緒で今すぐ学生ローンしたい方におすすめのローンをご紹介しています。誰にも会わずに今日中に学生ローンするなら、ネット審査申し込み可能で、即日振込に対応している安心安全の大手消費者金融の利用がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
学生ローンランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合14時までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~18.0%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

学生ローンとは?

学生ローンとは、学生を対象にしたローンのことを指しています。原則として20歳以上の学生で安定した収入があれば、親などの保護者の保証人なしで借入することが可能です。基本的に特定のバイト先で定期的にバイトをしていれば、お借り入れが可能です。ただし、バイトをしていない無職の学生は、安定収入があるとは見なされないため、お借り入れすることができません。学生ローンを検討中でも、「親バレたくない」「家族にバレたくない」「知り合いにバレたくない」と不安な場合は、大手のネット審査がおすすめです。WEB完結の申し込みなら、誰にも見られずバレずに申し込みが完了します。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも好評となっています。

学生ローンの基礎知識コラム


消費者金融は昔よりも身近なものとなりましたが、その本質に変わりありません。消費者金融は高利貸しであり、返済にめどがたたないと地獄に落ちるのは変わっていません。安直な気持ちで学生ローンをするのはやめましょう。利用する条件として、「返済しないと重大なことになる」ことを心に留めて利用しましょう。ちょっと昔だったら学生ローン申し込みの際に最低設定金額1万円の会社があらかたでした。しかしこのところでは千円毎の申し込みができる会社も増加してもし初めの借り入れ金額が1万円であったにせよATMから出金する時には千円単位を可能としている会社もあります。どうしてもお金が足りずに生活に困るという状態ならばスピーディーに融資してくれるキャッシング会社からとりあえず現金を貸してもらうのも良いでしょう。まずは貸し付け業務をおこなっている貸金業者に貸し借りに関する契約を取り付けていくことになりますが、たくさんの業者の中でも一押しがアコムです。誰もが一度は広告を目にしたことがあると思いますし、「怖そう」「危険」といったイメージを払拭した業者です。融資まで素早く進めてくれて一日かからないこともありますから、時間や手間をかけずに非常に便利に利用できます。カードでお金を借りるというと学生ローンのカードと、クレジットカードのカードが区別できていないことって結構多いです。間違いやすいとは思いますが、実は両者の借りられる限度額に大きな隔たりがあります。クレジットカードは買い物重視のため、学生ローンの上限が10?20万円と低く、信用度合いで上がりますがそれでも100万程度でしょう。それに比べて、カードローンの方はキャッシング(ローン)主体なので軽く100万円以上の上限額があることは、もはや常識です。こう説明すると、みなさん違いに納得されます。以前のカードローンといえば専用の窓口まで行く必要がありましたが、いまはコンビニにある銀行ATMで簡単に出し入れでき、便利になりました。普段、お給料を下ろすのにつかっているATMで借りれるので、真後ろに立っている人だって借金かそうでないかわからないはず。この気遣いが本当にありがたいです。ただ、お財布に入れてしまうと自分のお金と区別がつかないので、ウッカリすると借入額が増えてしまうのが最大の欠点でしょう。ただ、これはもう本人の問題であって、学生ローンが悪いのではないですよね。キャッシングで24時間いつでもお金が借りれる良さは、急な出費に迫られているときこそ一層、有効性を増すかと思います。私もそうでした。遊びにはお金をかけていて給料日前は超貧乏でした。そんなときに同窓会の誘いがあったのですが、会費として払うだけのゆとりはおろか、交通費すらないのです。さすがにマズイだろうと、キャッシングすることにして、ウェブで手続きして事無きを得ました。次の給料日に返したので利息もかからず、悩んでいた時間がもったいなかったです。学生ローンで借りたお金は決められた返済日に支払いますが、一度に返すこともできます。一括返済すると、その日までの金利が日割りで出されるので、全部を合わせた合計金額を支払います。残回数が多い分だけ、まとめて返してしまうことで、金利を余計に払わなくてよくなるでしょう。一括返済が可能な状態であるなら、真っ先に全額返済を行い、金利は1円でも安く抑えてください。個人事業主として数年の経歴を持っています。収入は山あればそうでないこともよくあります。アクシデントで、ディスプレイに不備が出てしまったので、パソコンを大至急で用意するために、キャッシングをしたいのですが、過去にローンの審査などをしたことがなく、全くわからないのですが、アルバイトや正社員ではない私でも利用できるでしょうか。お金を借りるということは、少し前までは相当の覚悟がいる一大事で、それなりに返せる見込みがあり、もしもの場合、肩代わりしてくれる人まで付けるのが当然で、その人の収入に関する保証がいらないなんて事は、どういう根拠に基づいて行なわれているのか疑問ですが、ここ最近、金融事件多発で連帯保証人になることの怖さが周知され、設定困難になったためか、ある程度以下の金額であれば、職場の如何や収入の状況など、何も問われないことが、常態化しており、借金の門戸が広げられてきています。保証人もなしの小額融資とはいえ、上限は数百万円とその設定には驚かされます。小額どころか、超高額だと思うのは私だけではないでしょう。このように、結論としては、今「小額の」お金を借りるには、何の収入保証も必要なく出来、余分な手間が省けるようになったのです。借金で首が回らなくなる人が、これでずいぶん減るに違いありません。現金の借り入れをするためにネットで調べていると、誰にでも簡単に貸し付けをしますよ、というような貸金業者のページを目にすることも多いでしょう。ところが、借り入れするまでの手順が簡単過ぎてしまうと本来なら不必要な金額がプラスされてしまっていたりあまり利用するべきではない業者だということもあるので今一度内容を隅々まで読み直してみましょう。ポイントとしては、審査判定を怠らない業者ですと正々堂々と営業出来る金利を提示していることが多いためにその後苦しい思いをすることなく学生ローンが可能になります。学生ローンっていうのは、主婦専業で収入のない方でも出来るものだということは、知らなかったという方がたくさんおられると思います。けれど、専業主婦でキャッシングをしようと思うなら条件があり、総量規制の対象外である銀行であれば、学生ローンをすることができるようになっております。以前、キャッシングを使って30万円ほどで借入できるかと申込みしたのですが、駄目だといわれてしまいました。ということは恐らく、まだ就職したてということもあり、信用されてなかったと思うので、それが原因だったんだろうなと思います。仕方がないから、10万円借りることにし、その金額ならオーケーと言われやっと審査に通りました。事故や冠婚葬祭などで、突然お金が必要になった時、多くの人は、キャッシングの利用を考えるのではないでしょうか。当然のことですが、学生ローンの際には、借りやすいだけでなく、返済のしやすさも考慮してサービスを選ぶと、失敗がありません。総合情報サイトの学生ローン比較などをチェックしておけば、希望するキャッシングが可能な業者が見つかるでしょう。とりわけ、申し込みから融資まで時間がかからないのがオンラインキャッシュサービスで、遅い時間でなければ即日融資も可能です。学生ローンは利便性が高いですが、時として、その利便性のせいで生活が破綻するリスクもあります。手軽に融資を受けられる分、金利が高い傾向にあるため、しっかりとした返済計画を立てなければ、返済が不可能な状態にまで追い込まれてしまう可能性があります。日常生活の中でキャッシングに頼ることが当たり前になってしまうと、少しのキッカケで生活が破たんしかねません。返済が厳しいと思った段階で、恥を忍んででも親類や友人に頼み込んで融資をお願いするのが正しい選択だと思います。複数のカードローン会社を恒常的に使うようになると、利息部分が増加してくるので毎月の返済が負担に感じられることもあるでしょう。それなら、おまとめローンを使ってみるのも手です。いくつかに分散していていた債務を1社に「まとめ」るので返済も月1回になってとても便利です。最近増えてきたサービスですが、それだけ利用者が多いということです。一か所にまとめれば手数料が減るだけでなく、利息分が膨らむこともありませんので、返済の見込みが立てやすくなると思います。

学生ローン業者一覧表【全10社】

今回、学生向けの学生ローン・キャッシングサービスを比較・検討した全国の業者の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
イー・キャンパス14.5~16.5%50万円
アミーゴ14.4~16.8%50万円
マルイ15.0~17.0%50万円
ベル15.0~17.0%50万円
フレンド田15.0~17.0%50万円
友林堂12.0~16.8%30万円
Campus14.4~16.8%50万円
カレッヂ17.0%50万円
学協17.52%40万円
学灯社16.5~18.0%50万円

京都府の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス