\学生ローン利用おすすめ1位/


今すぐ借りるなら1位はプロミス!
借入可能か簡単3秒診断は
>>こちらをクリック<<

トップページ > 北海道

「飲み会やデートなど急な出費で今月ピンチ」
「今すぐお金が必要だけど親バレしない?」

当サイトでは、北海道で誰にも内緒で今すぐ学生ローンしたい方におすすめのローンをご紹介しています。誰にも会わずに今日中に学生ローンするなら、ネット審査申し込み可能で、即日振込に対応している安心安全の大手消費者金融の利用がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
学生ローンランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合14時までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~18.0%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

学生ローンとは?

学生ローンとは、学生を対象にしたローンのことを指しています。原則として20歳以上の学生で安定した収入があれば、親などの保護者の保証人なしで借入することが可能です。基本的に特定のバイト先で定期的にバイトをしていれば、お借り入れが可能です。ただし、バイトをしていない無職の学生は、安定収入があるとは見なされないため、お借り入れすることができません。学生ローンを検討中でも、「親バレたくない」「家族にバレたくない」「知り合いにバレたくない」と不安な場合は、大手のネット審査がおすすめです。WEB完結の申し込みなら、誰にも見られずバレずに申し込みが完了します。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも好評となっています。

学生ローンの基礎知識コラム


次の給料が入ることがわかっていても、「いま足りない」ということってありますよね。そのときやはり頼りにしたいのは学生ローンできるカードでしょう。冠婚葬祭や急な立替金などでも臨機応変に対応できると思います。手近なコンビニのATMなどで、必要な額だけを借り入れて、次の収入で全額一括返済すれば無利息なんていう特典が用意されていることもあります。金額や使途にもよりますが、人間関係を難しくするような借金はできれば避けたいですね。1枚はカードは持っておけというのは、こういうことです。使わなくても期限がくれば更新できるので、安心してください。借金返済には沢山のやり方が用意されています。具体的な例を提示するならば、一括で次の返済日に返済する最もベーシックな返済方法の「1回払い」や、借りたお金を何回かに分けて借金を返す「分割払い」など、返済のための方法は沢山あり、お金の返し方によって金利にも変化があります。何かしらの方法を使って、お金の借り入れをすることを学生ローンといいます。方法としては、消費者金融や銀行でローンを組む場合や、学生ローン機能が付いたクレジットカードで現金を引き出すことを意味する場合が多いです。当然ですが、借りたお金には利息を付けて返す必要があります。こうした利息の払い方は、基本的にクレジットカードの返済と変わりません。例えば、支払方法を一回払いにしてもお金が口座から引き落とされるまでにかかった日数で、日割りの金利が付きますから、意識しておいてください。わたしたちが日々関わっている金融機関によって個人でできる借金の上限額がそれぞれ異なり、10万円未満の小口や短期間の融資に限らず、たとえば300万円や500万円などある程度の額の融資も思いのほか手軽に受けることが可能となっています。申し込みから融資に至るまでの流れも迅速で、その場ですぐに資金を得ることが可能な場合もあるのでさまざまなシーンでたいへん役に立ちます。利用するにはそれぞれの金融機関が発行するカードを用いるという方法を大抵の人が選択するでしょう。日常生活ではやりくりできていても、想定外のお金が必要になることは誰にでも起こり得るでしょう。このような場合は、先にキャッシングでお金を工面するのがおススメです。よく知らない人にとっては、どこで申し込めばいいのか等、さまざまな手続きで躊躇してしまうこともあるのではないでしょうか。ですが、申し込みはパソコンやスマホを使ったものが主流で、自宅や外出先から申し込みから貸付まで完結できるタイプのものが増えていますから、これまで経験が無い方でも、簡単に申し込みできます。ほとんどの公式サイトに申し込みフォームがあるので、そこに必要事項を入力して送信ボタンを押せば、申し込み手続きはバッチリです。最近ではあちらこちらの学生ローン会社が、借りたお金をすぐに返済すると(上限額あり)、なんと金利が無料といった驚くようなサービスをしています。これはおおむね30日以内といった制限が設けられているようですが、5~10万円といった少額のお金をキャッシングするならば、利用しない手はないでしょう。借入れの申込みの際には必ず審査があり、属性審査はもちろん、書類審査、在籍確認、申請者は信用できる人なのか?といったあらゆる面から調査を行います。以上の情報を確認した上で、申請者がお金を借りても返済出来る人であるかを判定を下すのです。もしも申請した内容が事実と異なる場合、調査の時点で落とされてしまうかもしれません。既にいくつかの金融機関からお金を借りすぎている方や、今まで事故を起した経歴のある人は、学生ローンの審査で落とされる可能性が高いでしょう。消費者金融からお金を貸してもらいたいと考えた時、いくらまで貸してもらえるのか?と不安になる方も多数いるのではないでしょうか。出来る限り多く貸してほしいと思うかもしれませんが、法律があるため1年間における収入の1/3までしか借り入れすることができません。現金融資はカードを利用して行うのが多数派ですが、近頃では、カードがなくても、学生ローンが可能です。ネットによりキャッシングの利用申込をすると、銀行口座にお金を振り込みしてもらえるのです。カードがなくして慌てる心配がありませんし、早急にキャッシングが使用可能でしょう。学生ローンしたお金を返す時は決まっているルールを守って今後のことを考え、期日に遅れず返済できるように気をつけるべきです。返済が滞ってしまったら今までの利息をこえた遅延損害金を払わなくてはならない上にブラックリストに名前が記され、これから借り入れが不可能になるので、できる限り滞納はしないようにしてください。以前学生ローンしていた場合、過払い金請求ができる事例があります。請求をしたい時には司法書士や弁護士に頼んで、内容証明を取ってもらい、手続きを行うと、返してもらえる可能性があります。まずは無料相談を利用して事情を聞いてもらいましょう。今日では、インターネットの発展に伴い、様々なことが手軽に利用できるようになりました。ネットバンキングもその一つで、手数料も安く簡単に手続きできるということで、ネットバンキングに対応した企業も増えています。こうした傾向は学生ローンにも見られ、ネットを使ったキャッシングサービスの利用者が急増しています。手続きが簡易化しているオンラインキャッシングでは即日融資されるものも多いです。学生ローンのカードが届くのを待つ必要もなく希望した口座に借入金が入金されているはずです。それに、金利は日割り計算ですから、返済が早ければ利息がほとんど付きません。でも、審査が甘いわけではないので、審査落ちになるケースもあるため、余裕をもって申し込みしておきましょう。一括で返済ができる程度の少額学生ローンであれば、決められた条件下での無利息期間を設けている業者を選ぶことから始めてみてはいかがでしょうか。決められた無利息期間内に全額一括返済できれば普通は借入金額に応じて必要な利息が少しもかからないので、お金を余計に支払わずに済み非常に重宝します。またたとえ一括で返済しない場合であっても、利息がいらない期間が設定されているような業者の方が何かとお得に学生ローンできることも多々ありますから、さまざまな点についても比較検討してみましょう。もし、生活費を学生ローンするのであれば、必要な分だけをキャッシングするようにして、返済額が苦しいような額にしないようにしなければ、返済できないということにもなりかねません。ほんの少し、生活費くらいと思っていても、その小さな繰り返しが気づけば高額になっていた、なんてことも少なくはないので、キャッシング頼みにならないように注意しなければなりません。大切なのは、学生ローンに頼る前には必ず、どのように返済するかをよく検討してからにしましょう。20歳を超えた学生でキャッシングしたいと思う方も多いと思います。でも、もし学業に専念している場合はキャッシングサービスを利用するのは難しくなるでしょう。働いていなければ返済できる見込みがありませんから、当然と言えるかもしれません。しかし、収入があると偽って学生ローンの申請を行う学生は後を絶ちません。基本的に在籍確認されることはありませんし、源泉徴収票などの収入証明書もいりませんから、嘘が発覚する可能性が低いのです。仮に、審査に合格できても返済の目途のないキャッシングは、後で苦しくなるのは想像に難くないでしょう。

学生ローン業者一覧表【全10社】

今回、学生向けの学生ローン・キャッシングサービスを比較・検討した全国の業者の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
イー・キャンパス14.5~16.5%50万円
アミーゴ14.4~16.8%50万円
マルイ15.0~17.0%50万円
ベル15.0~17.0%50万円
フレンド田15.0~17.0%50万円
友林堂12.0~16.8%30万円
Campus14.4~16.8%50万円
カレッヂ17.0%50万円
学協17.52%40万円
学灯社16.5~18.0%50万円

北海道の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス