\学生ローン利用おすすめ1位/


今すぐ借りるなら1位はプロミス!
借入可能か簡単3秒診断は
>>こちらをクリック<<

トップページ > 大阪府

「飲み会やデートなど急な出費で今月ピンチ」
「今すぐお金が必要だけど親バレしない?」

当サイトでは、大阪府で誰にも内緒で今すぐ学生ローンしたい方におすすめのローンをご紹介しています。誰にも会わずに今日中に学生ローンするなら、ネット審査申し込み可能で、即日振込に対応している安心安全の大手消費者金融の利用がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
学生ローンランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合14時までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~18.0%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

学生ローンとは?

学生ローンとは、学生を対象にしたローンのことを指しています。原則として20歳以上の学生で安定した収入があれば、親などの保護者の保証人なしで借入することが可能です。基本的に特定のバイト先で定期的にバイトをしていれば、お借り入れが可能です。ただし、バイトをしていない無職の学生は、安定収入があるとは見なされないため、お借り入れすることができません。学生ローンを検討中でも、「親バレたくない」「家族にバレたくない」「知り合いにバレたくない」と不安な場合は、大手のネット審査がおすすめです。WEB完結の申し込みなら、誰にも見られずバレずに申し込みが完了します。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも好評となっています。

学生ローンの基礎知識コラム


カードローンの申込には審査が必要となってきますが、申込をした人の信用状況によって、ローンを借りられる金額が変わります。審査をする業者によって借入できる金額は変わるのですが、ほぼ一緒だと考えてもいいと思います。それは正規の方法で審査を行っている業者だと、ほぼ一緒の審査方法を採用している為です。ですから、一社で審査に通らなかった場合、希望額を下げるか、審査基準が大きく異なる業者を探した方がいいでしょう。少額の学生ローンでいいんだけど、はて学生ローンの出来る最低の金額って、どれぐらいなんだろう、という方も多いのではと思います。それについては一般的に個人融資の学生ローンで借入できる最低額は、1万円ということになっていますが、千円単位から申し込みできる消費者金融もあります。あまり知られていませんが、キャッシングの借り換えは金利を下げるのにも最適な方法です。借り換えして、金利が低いキャッシングで複数の借金を一本化することができれば、返済総額を安く済ませることができます。学生ローンの金利の特徴は、借りるお金が多い程、金利が低くなるようになっています。たとえ少額の借入でも、それが複数あるのなら、まとめて一つの高額の学生ローンへ借り換えれば、もっと、低金利にできると思います。申し込むだけですぐに借りることができる学生ローンがあります。こういった契約は裏があります。融資額に関わらず、まともな金融業者なら、審査なしには契約しません。業者が「審査なし」としている場合は規律違反の業者かもしれません。契約したときには手遅れな事態になってしまうかもしれません。学生ローンを契約する場合は勿論、希望限度額もポイントになります。希望限度額が50万円以下の時は、運転免許証を提示して本人確認が取れれば契約可能だからです。しかし、希望する限度額が50万円を超える額だったり、他社からの借入と合わせた額が100万円を超すと、 収入証明書を提出する必要があり、手続きが少し繁雑になるのです。たとえば個人事業主で学生ローンを使うとき、雇用の契約をした人とは違いますから、安定収入があると評価するには難しい為に、どれくらいの借入額であったとしても、これだけの年収があると証明できる資料を渡さなくてはなりません。これは税務署での提出印がある確定申告書や所得証明書のほかに、役所からの課税証明書や住民税の決定通知書等で、昨年の年収が記載している書類が使われます。学生ローンを複数社で利用する際には総量規制というものがあるので、各社の利用可能額の合計がどうなっているかを計算して学生ローンの申し込みを行うことが大事です。消費者金融の会社が、この総量規制というものを設けているのは、キャッシングを利用する人があまりに高い金額を借りることを防ぐためで、その額は年収の額によって変わってきますから、自分の学生ローン利用額が今いくらなのか確認して判断を行うことが必要になります。お金が今すぐ必要だという時にも即座に入金されしかも返しやすいのがインターネットを使ったキャッシングの強みでしょう。また、キャッシングしていることが誰にも分からないという点も、この学生ローンの強みです。よくあるのが、利用明細を家族に見られ借金が発覚するというパターンですが、ネット学生ローンではこれらのチェックもサイト上でできるので、自宅に郵送される危険は少ないです。学生ローンの借入金の受取口座をご自身のネットバンキングにすれば、借り入れの確認や手間が省けて便利です。若い人は知らないかもしれませんが、2006年、2010年に貸金に関する法律が改正され、学生ローンの利率は20%から18%に制限され、それに合わせて業界全体の金利が下がったことがあります。しかし実情としては、最大18%の金利が利息制限法で認められているのに、登録を受けた業者なら出資法に基づき29.2%以下の金利で貸し付けることができます。「普通免許では10人乗りまでだけど、大型免許なら30人以上乗せても良い」のと同じで、違法ではありません。でも11%以上違うと支払額が全然違うでしょうね。一般に、この金利の差をグレーゾーン(金利)と呼んでいます。最近頻繁に耳にする『過払い請求』というのは、利用者が払い過ぎた金利部分を法律事務所を通して返金してもらうというものです。学生ローンというと、学生ローンと同じ趣旨だと思いがちですが、返済方法が変わってきます。一括で返済をする目的でクレジットカードを使って現金を引き出すのが学生ローンで、分割払い希望の際はカードローンと呼ばれています。カードローンは毎月の返済は容易ですが、利息を考慮しなければなりませんし、どちらも延滞の場合には注意してください。キャッシングを使用した場合には返すことが当たり前ですが、何らかの訳で支払えない時が発生した場合には許可なく支払わないことは絶対にしてはいけません。遅延損害金を支払わされたり、世にいうところのブラックリストに載せられてしまったりするでしょう。学生ローンを考えるのは毎回使えるお金がないときですから、最寄りのキャッシング業者を好んで利用してしまいます。利用した後で、違う会社の方が金利が少ないと悔やみます。キャッシングを利用する前に金利を試算し、いくつかの会社を比較した上で一番いいところをを利用してください。万が一の時に利用できる学生ローン、これはコンビニでも借り入れ可能なのがとても手軽に利用できますし良いですよね。ATMに立っている時、たとえ人から見られた場合でもキャッシングなのか?現金の引き出しなのか?入金しているのか?振込を選んでいるのか?ちょっとやそっとでは解らない点が自分に対する大きなメリットです。また、24時間として利用でき、無休なところも急な出費の時に助けになると思います。キャッシングで借金をして、返済が遅れると何がおこるかと言えば、もともと高い金利がある上に、遅延損害金を払わされたり、最悪の場合は、ブラックリストという個人情報の事故情報に載せられてしまいます。そうなりそうな時は前もって金融会社に相談することです。ときどき、インターネットや雑誌の中でクレジットカードの現金化についての宣伝が出ていますが、同じく現金を手にすることのできる学生ローンとどのように違うのか、はっきり分からないという人も多いでしょう。一見、似たもののように見えますが、実際は全く違います。金融機関からお金を借り入れることを学生ローンといい、クレカ現金化というのは、ショッピング枠のあるクレジットカードで何らかの商品を購入して、業者に買い取ってもらうことで現金を手に入れるというものです。これは法律的に非常にグレーな方法で、カード会社によっては利用停止措置がとられます。また、クレジットカードの現金化と返済額の差額を考えると、高利率の利息を支払わされるのと変わりませんから、やめておいた方が賢明です。

学生ローン業者一覧表【全10社】

今回、学生向けの学生ローン・キャッシングサービスを比較・検討した全国の業者の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
イー・キャンパス14.5~16.5%50万円
アミーゴ14.4~16.8%50万円
マルイ15.0~17.0%50万円
ベル15.0~17.0%50万円
フレンド田15.0~17.0%50万円
友林堂12.0~16.8%30万円
Campus14.4~16.8%50万円
カレッヂ17.0%50万円
学協17.52%40万円
学灯社16.5~18.0%50万円

大阪府の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス