\学生ローン利用おすすめ1位/


今すぐ借りるなら1位はプロミス!
借入可能か簡単3秒診断は
>>こちらをクリック<<

トップページ > 福井県

「飲み会やデートなど急な出費で今月ピンチ」
「今すぐお金が必要だけど親バレしない?」

当サイトでは、福井県で誰にも内緒で今すぐ学生ローンしたい方におすすめのローンをご紹介しています。誰にも会わずに今日中に学生ローンするなら、ネット審査申し込み可能で、即日振込に対応している安心安全の大手消費者金融の利用がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
学生ローンランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合14時までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~18.0%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

学生ローンとは?

学生ローンとは、学生を対象にしたローンのことを指しています。原則として20歳以上の学生で安定した収入があれば、親などの保護者の保証人なしで借入することが可能です。基本的に特定のバイト先で定期的にバイトをしていれば、お借り入れが可能です。ただし、バイトをしていない無職の学生は、安定収入があるとは見なされないため、お借り入れすることができません。学生ローンを検討中でも、「親バレたくない」「家族にバレたくない」「知り合いにバレたくない」と不安な場合は、大手のネット審査がおすすめです。WEB完結の申し込みなら、誰にも見られずバレずに申し込みが完了します。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも好評となっています。

学生ローンの基礎知識コラム


消費者金融といったところで借金をしている人がどこへ行ったか分からなくなってしまった時には、借りているお金に時効というのは定められているんでしょうか?もし、あるのだったら、行方知れずということにして、みつからないようなところに隠れて時効が過ぎてから現れるなどという発想をする方もいるのではと思ってしまいます。融資とは保険会社や信用金庫などの金融機関からある一定の小額の資金を貸して頂くことを意味します。普通は金融機関からお金を借りたいと思った時に様々な条件があったり、保証人を立てたり、万が一の場合に備え担保を用意する必要があります。ただし学生ローンの場合は融資とは異なり、保証人や担保を用意することなく気軽にお金を借りられます。本人だと確認がとれる運転免許証や保険証の用意が必要ですが、基本的には誰でも問題なく融資を受けられるでしょう。まともな金融機関であれば当然、カードローンの申込があったときは、もれなく審査を行います。この審査は、融資の希望者に希望通り応じても返済に伴って問題が生じることがないかを判定します。その人の職、勤め先と勤続年数、年収や家族構成等の属性面と、その他のローン契約の利用による信用情報によって総合的に判断し、問題がないとされると、無事に審査はクリアとなります。学生ローンをするときの審査の基準というのは、近年では利用が可能かを確認するための判断基準として、全てではないものの、情報公開されているようです。ここでの基準は大変厳しいものなのですが、その一方で、担当者の裁量によって可否が異なることがあるのです。様々に異なる個人の状況をはっきりと分けて考える事が出来るのかといえば、難しいことが分かりますね。当然ですが、学生ローンの返済に間に合わなければ、それなりのペナルティが科せられます。具体的には遅延損害金(遅延利息)が発生します。普通、遅延利息金は借入利息よりかなり高い利率が設定されていますし、通常の利息を含んだ返済金と一緒に支払うため、想像以上に高額になるケースが多いです。数回ならともかく、こうした遅延を複数回繰り返すと、今後一切借りられなくなることはもちろん、会員資格をはく奪され、状況次第では、借入金の一括返済を要求されるケースもあるので、返済日は絶対に守るようにしましょう。例え、不慮の事故やトラブルに見舞われたのだとしても、学生ローンサービスで借りたお金の返済期限を過ぎてしまった場合は、契約時の希望連絡先に担当者から連絡が入ります。ほとんどの学生ローン業者は職場に督促の電話を掛けるようなことはしませんし、ドラマにあるような脅迫的な取り立てが行われることはありません。しかし、督促の連絡があるのにもかかわらず返済の意思を見せないと、信用度が急落したブラックとして、一定期間キャッシングでお金を借りることもできなくなりますし、場合によっては他の業者のローン契約すら利用できなくなるかもしれません。このごろ、学生ローンはさらに便利になっています。例えば、サービスによっては無利息サービスを受けることができるキャッシングも少なくありませんが、特典の対象かどうかは業者ごとに異なるので、事前に比較検討するようにして下さい。中でも、いつから無利息期間になるのかは返済計画を立てる上で重要ですから、何度も確認しておきましょう。なお、返済時に手数料がかかる方法を選んでしまうと、無利息でも手数料分が積もり積もって高額になることもあると意識しておいてください。正確には、もし銀行のカードローンを使おうとすれば、そこの銀行口座を持っていなくてはいけませんが、その中には、口座が無くても利用できると宣伝している銀行もあります。そこでは無人契約機があって、カード発行をその契約機で行えます。それだけでATMを利用して引き出しが行えるので、口座を所有している必要はありません。お金を借りる話をしていて気づいたのですが、学生ローンのカードとクレジットカードで話が食い違うことが結構多いです。間違いやすいとは思いますが、実は両者の融資上限額にすごい差があるのです。いまから解説しますので、全然違うものであるのを分かってください。物品の購入を目的としたクレジットカードは融資の上限が10?20万円と低く、信用度合いで上がりますがそれでも100万程度でしょう。学生ローンはローン機能のみなので最初から100万円を超える高い限度額が設けられていて、クレジットカードのキャッシング枠に比べると10倍から数十倍ほどの差があるんですよ。スピード審査が売りのカードローンでも審査はあって、なかでも在籍確認はもっとも確実な本人確認の手段であり、省かれることはありません。ただ、例外的に条件を設けて、会社への電話確認はなしというところならあるようです。三井住友系のプロミス、三菱系のモビットといった銀行がバックにある会社の場合、特定の銀行に口座があって、給与の明細書、社員証や社保(組合健保も可)の保険証を持っている場合は、在籍確認に替えることができます。ただ、その人の前歴や勤務年数などによっては在籍確認することもあるので確認してみると安心です。今までに自分が利用した経験では、学生ローンを組むにあたって不安の少ないところはどの会社だろうかと考えてみると、何と言っても、三井住友カードローンが良いですね。大手銀行系は不安が少ないです。それに、利便性が高い事もその理由です。時々、条件が合わなくて望んでいた金額を借りられなかった、なんていうケースも耳にしますが、私の話で言えば、今まで審査落ちの結果になったことはありません。いっぺんに返済可能な少額の借り入れであるなら、利息なし期間が設定してあるような金融会社を選択するのが賢い人のやり方と言えるでしょう。無利息期間内で一度に返済することができるなら余分な利息が一切かからないわけですから、このサービスを使えばとてもお得になります。一度に返済するのはちょっと…というような場合でも利息なしの期間を設定しているような業者の方がお得に借りられるといったことも多いようなので、十分に比較検討することをおすすめします。学生ローンの利用でも得をしたいなら、業者が設けている無利息期間サービスを利用しましょう。全ての業者が同じ期間を設けている訳ではありませんが、大体契約から30日間としているところが多く、返済をこの期間に済ませれば利息が全く掛からないのです。もしこのサービスが終わってしまっても、サービス期間は利息が掛からないのでこの間の分は請求されません。請求される利息はサービス期間の後の日数分です。はじめて学生ローンを利用する人が悩むのは借入先選びのようです。それなら堅実さが光る銀行系が良いでしょう。(実はアコムやレイクとかも銀行系です)他と比べて低い利率や、融資限度額も数百万までと高額なことも、大きな利点です。メジャーな銀行が背後にあるため、安心感も絶大ですよね。ただ、条件によっては審査に時間がかかることもあるので、覚悟して手近で申し込むか、あるいは少しでも基準のゆるいところを狙うのが良いでしょう。予想だにしなかった思いがけない出来事が起こった時、すぐにまとまったお金が出来るだけ早く手元に必要になり、その金額をどうにか学生ローンで賄いと思った場合、適切なローンを取り扱う学生ローンサービスはどこか悶々と迷うこともあるはずです。その様な時はまず初めに冷静になり、ネットに載っている実際に使用したことがある人の口コミを参考にして人気があるキャッシングカードを申し込みし、試みてみるのも一つの良い方法です。

学生ローン業者一覧表【全10社】

今回、学生向けの学生ローン・キャッシングサービスを比較・検討した全国の業者の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
イー・キャンパス14.5~16.5%50万円
アミーゴ14.4~16.8%50万円
マルイ15.0~17.0%50万円
ベル15.0~17.0%50万円
フレンド田15.0~17.0%50万円
友林堂12.0~16.8%30万円
Campus14.4~16.8%50万円
カレッヂ17.0%50万円
学協17.52%40万円
学灯社16.5~18.0%50万円

福井県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス